読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おたくのブログ

若手俳優がすきです

オフのあなたに会いたいの ~若手俳優の出待ちについて~


本当は観に行った舞台の感想をその都度書いてるような可愛いブログを運営したい。

という訳で今回は、入り待ち出待ちについて思うことを書きます。


たまたまある愚痴垢を眺めていたら(愚痴垢だいすきなので)「出待ちに至る考えが本当に理解できない」みたいに書いてあったので私なりにいわゆる、待ちをする子の気持ちを考えてみました。

ちなみに私は待ちした事は無いし、待ち賛成もしません。


待ちする理由そのいち

【オフの俳優に会いたいから】

まあ、これがほとんどだと私は思ってるんですがどうでしょう。まず、出待ちする子って大体がリア恋かミーハーな子だと思うんです。出待ちする子がリア恋だとして、出待ちする予定の推しくんの舞台観るとするじゃないですか、色々な手を使って最前ドセンで観たとして。私は最前ドセン1回だけ入ったことあるんですけどすごい近いですよね。汗とか涙の跡まで見えるし、何なら匂いまで体感出来る。それが2~3時間続くなんて最高。でも、ふっと思う訳です。推しくんとはこれ以上近づけない、ここが限界だ、と。物理的な距離もそうだし、相手は当たり前だけど役に入ってて彼だけど彼じゃないみたいなゲスの極み乙女みたいな事が起きてるから、精神的(?)にも近づけない。そうなると無性に切なくなる。私はこの舞台の上に上がれない、けれど推しくんと近付きたい、役じゃなくて本人と話したい、そういう感情が生まれちゃうと待ちに走るのではないかと思うのです。私を素の推しくんに見て欲しいと思ってしまったらtheENDですね。

この気持ちは分からなくない。私は勇気はないけど、固定概念という常識はあるのでやりませんが。


そしてよく俳優側に「待ち対応しなきゃいい」っていう人いますが、そりゃ無理だろって感じです。いくら非常識だからって自分に好意的な感情を持ってる人を邪険にするってすごい難しいと思うんですよ。人気を商売にしてる役者なら尚更。あと、私なりに待ち対応って何?って考えたんですけど「話しかけられたら答える」程度ですよね?(待ちに自分から話しかける俳優はこの際置いといて)そうなると、待ち対応しない=声かけられても無視になっちゃいません?そりゃ無理でしょ。幾ら何でも無視は出来ない、だから声かけられたら適当だとしても、一言だとしても話し返す。ファンの子はその一言だけでももう嬉しみ~♡な訳だから待ちも減らない。難しいね。

そして、逆に本当に無視しちゃう俳優がいたとして、その場面を目撃したときとかその話を聞いたときに「あの俳優待ち対応してなくてステキ」ってなるのかなって思います。私はならない。待ちして話しかけるファンもすげーなって思うけど無視してるところ見ちゃったら「えっ、無視しちゃうんだ」って思う。待ち対応しないってどういう事を言うんだろうか、誰か私に教えてエロい人~


そして理由そのに

【出待ちを悪いことだと思わない】

本当にそんな奴いるのかよって思われそうですがいると思います。

そもそも若手俳優ぐらいじゃないですか?待ち禁止なの。宝塚もジャニもOKだし、なんならステータス。(宝塚はまあちょっと特殊だけど)

私が会社の同期とか、先輩とか一般の人に若手俳優好きですって言うと、じゃあ出待ちとかするんだ~!って普通に言われます。一般の人ってきっと出待ち自体が悪いことだと思ってないんですよね。若手俳優界には若手俳優界のルールとか常識があって、そこの世界に入れば自ずと知ると思うんですが、知ってるけど何が悪いの?って本当に心から思ってるんですよね出待ちする子は。公演のサイトとか事務所のサイトとかに「出待ち禁止」っていくら書いても結局、よっぽどじゃなきゃ公演出禁になる訳じゃないし、やったモン勝ちでしょくらい。


これが私の思う出待ちする理由です。あと、イベントやってくれなすぎて、そこくらいじゃなきゃ会えないっていうのもあるよね、きっと。待ちがどのくらい俳優の負担になるのかは、私は若手俳優じゃないので分かりません。出待ちに限らず不特定多数の人が集まる場所には何かしらはみ出してしまう人がいる訳で。しょうがないといえばしょうがないんだけど、肯定派みたいになっても嫌なので一応言っておきます。


待ちはやめましょう。ルールは大切。